甲状腺に関連した病気や疾患を知りましょう

甲状腺疾患にどれほどの種類があるか紹介

甲状腺の役割と病気の症状を知っておきましょう

早めに専門クリニックを受診しましょう

甲状腺は喉仏の周囲にある臓器ですが、重量は20gぐらいですが、蝶が羽を広げたような形状をしています。
甲状腺はホルモンを作る働きをしている内分泌系の臓器なので、体内では大変重要な役割をしています。
現代はバセドウ病などの甲状腺機能が亢進される病気や、逆に機能が低下してしまう甲状腺機能低下症などの病気に罹る人が増加しています。
男女共に罹る可能性がありますが、女性にやや多い傾向があります。
体重の減少や身体のだるさ、発汗などが見られる場合は、病気が疑われるので早めに専門クリニックを受診して下さい。


甲状腺の専門クリニックは、24時間いつでもインターネットから予約ができるので、幅広い年代の人が通院をしています。
待ち時間をなるべく減らすために予約制を導入しているクリニックが増加しています。
甲状腺の病気は大変辛い症状で悩んでいる人が多いですが、超音波エコーなどの精密検査を行ったり、触診などでも診断が付くことが多いです。
バセドウ病や甲状腺機能低下症などの病気は、初期段階では腫れが見られない場合がありますが、少し症状が悪化すると喉の当たりが腫れてくるので、気付く人が多いです。
早い段階で治療を行うと、良好な状態を維持できます。

症状が軽い場合は手術や入院は必要ありません

現代は高血圧や糖尿病などの生活習慣病に罹る人が増えていますが、甲状腺ホルモンの分泌を抑える薬が開発されており、血圧や血糖値に比べると安定させやすい傾向があります。
日本では500万人ぐらいの患者がいると言われていますが、比較的症状が軽い場合は入院や手術は必要なく、内服薬を服用することで、症状を安定させることができます。
甲状腺の病気は内分泌系の専門医が担当してくれるので、一人一人の症状や身体の状態に応じた治療法を提案してくれます。
体のだるさや動悸などは薬を続けていると、改善するので根気よく続けて下さい。


甲状腺は大変小さな臓器ですが、体内では大変重要な役割をしているので、病気に罹ると様々な体の不調を感じるようになります。
倦怠感や動悸、発汗などが強く出る場合は、家事や仕事に悪影響が出てしまうこともあります。
専門クリニックを受診すると清潔な個室で診察が受けられるので、リラックスして悩みを相談できます。
内服薬は基本的には一日に一回ですが、心臓病などの他の持病を持たれている場合は、2回に分けて処方されることもあります。
症状が悪化してしまうと、外科手術が必要になりますが、現代は以前に比べると体に負担の少ない治療が受けられます。

人気記事ランキング